ホームへ戻る プロフィール ポリシー 活動報告 リサイクル活動 後援会
 






これからの行事予定
 2017年 青空ゴルフコンペのご案内
9月9日(土)に毎年恒例となりました、「青空ゴルフコンペ」を開催いたします。
青空のもと、清らかな自然、緑の芝生で一緒にプレーを楽しみませんか?
どなたでもご参加いただけますので、お誘い合わせの上、お気軽にご参加くださいますようお願いいたします。
詳しくは、下記資料をご覧ください。(PDFが開きます。)



ニュース
 千島列島 占守島慰霊祭に参加しました。
詳しい資料は下記記事をクリックするとPDFでご覧いただけます。



 ヴォレアス北海道を一緒に応援しましょう!!
(一社)北海道バレーボールクラブと北海道旭川バレーボール協会の会長を努めさせていただいており、バレーボールの組織運営に携わる中、北海道初の実業団バレーボールチーム「ヴォレアス北海道」を、地元旭川から盛り上げようと応援しています。
※写真左は新年交礼会でのチーム紹介(2017.1.26)
※写真右はビールパーティでのプレゼント抽選会(2017.8.10)

詳しい資料はこちらからPDFでご覧いただけます。

 2017年 わいわいBEER PARTYを開催いたしました
8月10日、今年も沢山の方にご来場いただき大盛況でした!
ご来場下さいました皆様、お手伝いいただきました皆様、本当に有難うございました。

 議員活動 今年で30年 2017かとう礼一政経フォーラムを開催いたしました。
6月11日、30年記念として高橋北海道知事もご出席の中、参議院議員 林 芳正先生をお迎えし、「国際情勢と日本の選択」と題して講演をいただきました。
大勢の皆様のご参会、有難うございました。



 パラオ共和国を訪問
2017年4月、一行14名にてパラオ共和国を訪問し慰霊祭、記念式典に出席しました。
詳しくは、下記資料をご覧ください。(PDFが開きます。)


 北海道産業大麻協会開催のセミナーに於いて講師を務めました。 
2017年1月31日 (一社)北海道産業大麻協会(HHIHA)開催のセミナーに於いて「産業用大麻(ヘンプ)、世界の情勢と北海道の取り組み」と題して講師を務めました。一行14名にてパラオ共和国を訪問し慰霊祭、記念式典に出席しました。


 2017年 新年交礼会を開催いたしました。
毎年恒例の「新年交礼会」を開催させていただきました。
沢山の方にお越しいただき本当にありがとうございます。

 ヴィクトル・スタルヒン生誕100年記念事業
2016年は、1916年5月4日生まれのスタルヒンの生誕100年に当たります。
旭川軟式野球連盟の会長として、何か記念事業をと考えていました。
スタルヒンは、プロ野球界で通算303勝をあげた大投手です。40才の若さで交通事故により他界され、奥さんの実家である秋田県横手市にある「崇念寺」に眠っていることがわかりました。そのことがきっかけで、横手市雄物川町では、毎年「スタルヒン杯還暦野球大会」を開催していました。早速、大会の主催者に連絡を取り、100年記念事業について説明し、旭川にお越しいただくことにご了解を頂きました。9月24日にスタルヒン球場で、還暦チーム同士の親善野球大会を開催することが決まりました。
旭川新聞に広告をお願いし、16名でチームを結成しました。「旭川スタルヒンズ」の誕生です。秋田のチームは「雄物川ヴィクトルズ」としました。企業やお店に広告をお願いし、旭川市や体育協会に協賛をお願いしました。娘さんのナターシャさんや奥さんの弟で崇念寺のご住職、高橋大我さん(83才)も来てくれました。
前日の23日には歓迎会、24日には試合と交流会。初めて会ったばかりでしたが、スタルヒンつながりのご縁が出来、和気あいあいとした記念事業になりました。
(左)旭川スタルヒンズVS雄物川ヴィクトルズ

(右)私も監督兼キャッチャーとして出場
(左)娘のナターシャさんによる始球式

(右)旭川軟式野球連盟の長野理事長と崇念寺の高橋大我ご住職
(左)全員で記念撮影!「スタルヒンよ永遠に!
 事務所移転のお知らせ
後援会事務所を移転いたしました。
お近くのお出かけの際は、是非にお立ち寄りください。

〒070-0034 旭川市4条通2丁目右3号 (元あすか信用組合旭川支店2F)
TEL0166-27-5501 FAX0166-23-3701 ※電話・FAXは変更有りません。


 2015年政経フォーラム
6月29日、参議院議員“渡邊美樹先生”をお迎えして大勢の方にご参加いただき開催されました。


 道議会見学ツアーを実施いたしました
2015年2月26日、有志の方々による議長表敬訪問を兼ね、道議会見学ツアーを行いました。議会傍聴、議長室及び委員会室を見学し、議長の場面を勉強してきました。



 ヘンプの可能性についての記事が紹介されました。
2015年1月ヘンプ(産業用大麻)について、有識者による検討会の様子が「あさひかわ新聞」に掲載されました。


 北海道人 ブラジル移住95周年、パラグアイ移住75周年式典に参加しました
2013年10月13〜24日、北海道人 ブラジル移住95周年、パラグアイ移住75周年の式典に家内ともども参加しました。
・ブラジル北海道人会との夕食懇談会
・在パラグアイ日本国上田大使表敬訪問
・全パラグアイ大統領府表敬
・北海道人パラグアイ移住75周年、アルトパラナ北海道人会50周年記念祝賀会
・日本移民開拓先没者慰霊碑献花
・ブラジル北海道交流センター訪問
・ブラジル北海道協会主催夕食会
・北海道人ブラジル移住95周年、ブラジル北海道協会創立75周年記念式典
・道人会青年部との意見交換会
・在サンパウロ日本国総領事館 福嶌総領事表敬訪問 …etc

在パラグアイ上田大使 表敬 青年海外協力隊 鈴木麻美さん 全パラグアイ北海道人会との
夕食会

在パラグアイ名誉会長
白沢寿一さん
パラグアイ大統領府 表敬 イグアスの滝

イグアス地区 記念植樹 パラグアイ移住75周年式典 パラグアイ記念ケーキカット

アルトパラナ会長と
白沢直樹ご夫婦
パラグアイの「つぼダンス」 日本移民先没者慰霊碑へ献花

献花 ブラジル北海道協会 夕食会 ブラジル北海道協会 夕食会

式典であいさつ 北海道人ブラジル移民95周年式典 鏡開き

伊藤会長も駆け付け
吉井社長ご夫婦と
祝賀会ではサンバチームが乱入 サンパウロ州議会
羽藤ジョージ議員 表敬

サンパウロ市営市場視察
鈴木さん親子と
ブラジル名物シュラスコ

 春の園遊会にお招きいただきました。
2013年4月17日、春の園遊会にお招きいただき、モーニングを着て、全国からの招待客の皆さんと一緒に、天皇、皇后両陛下にお会いさせて頂きました。帰りに靖国神社を正装で参拝してきました。


 遊休農地を活用するために産業用大麻(HEMP)の可能性について…
2013年3月議会の予算特別委員会から検討が始まった産業用大麻(HEMP)は、課題も多いが、遊休農地が100万haともいわれる本道農業の救世主となり、産業クラスターとして新たな産業振興となり得るだけに、少しづつ研究・検討を重ねていきたいと思っています。

調査報告書はこちら→


 北海道議会議長に就任
2013年6月、第29代、北海道議会議長に就任いたしました。
翌7月には、全国都道府県議会議長会の副会長にも任命されました。

 産業用大麻についての記事が掲載されました
2013年3月26日 「あさひかわ新聞」 に道議会で産業用大麻について質問を受け、検討会を設置するなどの記事が掲載になりました。

 2013年4月 台湾との交流
2013年4月 台湾 新北市長:朱立倫氏を囲んで北海道談会 日台親善議員会で訪問しました。また、台北に出店した「梅光軒」も視察。
さらに、台湾・タイ日本語研修開校式に参加。(旭川福祉専門学校)
親日国である台湾との交流等が多かった4月でした。


 旭川なでしこライオンズクラブ
西神楽グランドで開催された「母と子のチャレンジベースボール大会」にて


 北海道上川農業試験所等の視察!
9月8日(木)花崎道議・梅尾道義・高橋道議・橋本道議・志賀谷道議とともに、6名の道議会議員で北方圏での豊かな生活にむけてとその工夫をテーマに「北海道上川農業試験所・北海道立総合研究機構林産試験所」を視察いたしました。
 少年野球 星野杯争奪大会表彰式に参加してきました!
9月10日(土)旭川のドリームスタジアム サブ球場で開催された少年野球星野杯争奪大会の表彰式に参加してきました。
旭川および近郊の少年野球32チームが、小学生とは思えないほどの熱戦を繰り広げた見ごたえ十分の大会でした!
 かとう礼一を囲む会が開催されました。
2012年8月4日(木)永楽会館において、加藤礼一を応援してくださっている皆様方によって「かとう礼一を囲む会」が開催されました。
日ごろ、ご支援頂いている皆様方との膝を交えた交流によって、郷土旭川のために、生活の安心・安全に関して皆様の期待にこたえられるよう、さらなる発展に結び付けていきたいと感じました。
なお、今後も日ごろ議員と触れ合う機会の少ない地域にも積極的に出向き、皆様方との交流をより一層深めてまいりたいと思いますので、各地域での開催をご希望の方は、お手数ですが、当事務所までお気軽にお電話ください。(TEL0166-27-5501)
 ビザなし交流、北方領土・色丹島を訪問しました
道議会からの派遣として、8月20日〜23日に、ビザなし交流の訪問団として色丹島へ行ってきました。
色丹島にはかつて1,038人の日本人が暮らしていました。島の面積は250ku。隠岐本島と同じくらいの大きさで、現在は3,100人ほどのロシア人が暮らしています。
戦後65年。いまだに解決されない北方領土問題。島の現状を見てきました。
                  →詳しくはこちらをご覧下さい

過去のニュースはこちら